安城市、刈谷市で外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ東刈谷店へお任せください!

スタッフブログ

外壁塗装の必要性と放置時のリスク?今すぐ知っておくべきこととは?

外壁塗装の必要性について皆さんは知っているでしょうか。
一言でいえば、最悪の場合「家が壊れる」からです。

壊れることは、生活に支障をきたすため、必然的に修理工事も伴います。
外壁塗装は、単に住まいの美観を維持するためだけではなく、建物を保護し長期間その価値を維持する重要なメンテナンス作業です。
外壁は日々、雨風や紫外線、汚染物質にさらされています。
このため、外壁塗装は家を保護するために欠かせないものとなっています。

□外壁塗装が家を守る?必要性とは?

外壁塗装の主な目的は、住まいを環境要因から守ることです。
具体的には、次のようなメリットがあります。

1:建物の寿命を延ばす

外壁塗装は、建物の耐用年数を延ばす効果があります。
塗膜は、建物が直接劣化要因を受けることから守り、寿命を延ばす役割を果たします。

2:美観を維持する

時間とともに外壁の色は褪せたり、汚れが目立ち始めたりします。
定期的な外壁塗装により、住まいの外観を一新し、美しさを保ちます。

3:資産価値を維持する

定期的な外壁塗装は、住まいの資産価値を維持する上で重要です。
未塗装のままでは劣化が進み、最終的には大規模な修繕が必要になる可能性があります。

□放置するリスクとその結果について解説!

外壁塗装の劣化をそのまま放置すると、着実に進行します。
外壁塗装は、一度劣化し始めると元に戻ることは絶対にありません。

また、塗料自体の耐用年数が過ぎていたり、内部に劣化が生じていたりと、目に見えない部分の劣化もあります。

外壁塗装を放置すると、以下のようなリスクが生じるため、気になる箇所が出始めたら早めに対応することをおすすめします。

1:雨漏りや凍害

外壁の劣化が進むと、雨水の浸入や凍害によるダメージが発生します。
これにより、内部構造にも損傷を与えることがあります。

2:シロアリ被害

外壁の劣化は、シロアリ被害を引き起こすことがあります。
特に木造住宅では、土台や柱がシロアリに侵されると大きな損傷を受けます。

3:経済的負担の増大

外壁の劣化を放置すると、最終的には大規模な修繕が必要になり、経済的な負担が増大します。

4:見た目の悪化

外壁塗装が剥がれることで外観の美しさを損ないます。
外壁は、紫外線や天候による雨風などの影響を常に受けているため、色褪せや塗装が剥がれやすいことは避けられません。
色褪せだけでなく、ツヤがなくなっていくことも劣化していると判断できます。

□まとめ

外壁塗装は、住まいを保護し、その寿命を延ばすために非常に重要な作業です。
放置することで生じるリスクは、単に外観の問題だけでなく、経済的な負担や安全性の低下にもつながります。
定期的なメンテナンスが、長期的な視点で見ると経済的にも合理的な選択といえるでしょう。

人気記事

お問い合わせはお気軽に!
ご都合にあわせてお問い合わせ方法をお選びください。

メールの方はこちら
お問い合わせ
  • 無料イベントお申し込み
  • お問い合わせ・無料お見積もり
  • LINEアイコン
to top