安城市、刈谷市で外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ東刈谷店へお任せください!

スタッフブログ

無機塗料で家を守る?メリットとデメリットを解説!

環境や健康への意識が高く、住まいの長期的な価値を重視する人々は、耐久性と環境負荷が低い建材を求めているでしょう。

特に塗料選びにおいて、劣化しにくく汚れにくい選択肢を探すことは、自宅の価値を長期にわたって保持する上で重要な要素です。
この記事では、そんな人々のニーズに応える無機塗料について、その基本情報、メリット、デメリットを解説します。

□無機塗料の基本知識とは?無機塗料と有機塗料の違いについて解説!

無機塗料はその名の通り、無機物を主成分としており、紫外線や各種環境要因による劣化に強い性質を持っています。

しかし、無機物だけでは塗料としての機能を十分に果たせないため、実際の無機塗料は無機物と有機樹脂を組み合わせたハイブリッド型となっています。
ではポイントをみていきましょう。

1:耐候性と耐久性

無機塗料は紫外線や雨風などの外部環境から建物を守り、色褪せや劣化を抑制します。
その耐候性は有機塗料に比べて高く、長期間にわたり建物の外観を保持します。

2:環境負荷の低減

無機塗料は環境に配慮されており、有害な溶剤を使用しないものも多いです。
これにより、塗装時や塗装後の環境への負荷を低減することが可能です。

3:コストと施工性

一方で、無機塗料は一般的に有機塗料よりもコストが高く、施工にも特別な技術が必要な場合があります。
また、塗装可能な素材や状況が限られることも理解しておく必要があります。

□無機塗料のメリットとデメリットを解説!

無機塗料は耐久性や環境負荷の低さにおいて優れた特性を持ちますが、すべての状況に最適なわけではありません。

1:耐候性と汚れにくさ

無機塗料の耐候性は建物を長期間保護しますが、施工後のメンテナンスが必要になる場合もあります。
また、汚れにくさは一定の条件下でのみ効果を発揮するため、状況によっては定期的な清掃が必要になることも。

2:ひび割れのリスク

無機塗料は硬質であるため、地盤の動きや建物の微細な動きによってひび割れが発生する可能性があります。
特に気候変動が激しい地域では、この点を考慮する必要があります。

3:適用範囲の限定

全ての建物や部材に無機塗料が適用できるわけではなく、特に木材や一部のプラスチックには不向きな場合があります。
選択する際は、塗装対象の材質を十分に検討する必要があります。

□まとめ

無機塗料はその耐久性と環境負荷の低さから注目を集めていますが、適用できる場面や材質には限りがあります。
建物の状況や環境に応じて最適な塗料を選択し、長期的な視点で建物を保護することが重要です。
無機塗料の選択を検討する際は、メリットとデメリットを総合的に判断し、長期的なビジョンを持って選定しましょう。

人気記事

お問い合わせはお気軽に!
ご都合にあわせてお問い合わせ方法をお選びください。

メールの方はこちら
お問い合わせ
  • 無料イベントお申し込み
  • お問い合わせ・無料お見積もり
  • LINEアイコン
to top