安城市、刈谷市で外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ東刈谷店へお任せください!

スタッフブログ

シーリングとコーキングの違い?見分け方と適切な使い方

シーリングとコーキングは、一見似ているようでいて、それぞれに独自の特徴があります。
建物のメンテナンスを考える際、これらの違いを正確に理解し、適切に使い分けることは、効果的な保護と修復を実現する上で欠かせません。
この記事では、シーリングとコーキングの基本的な違いとその適用シーンを解説し、正しい選択ができるようにサポートします。
この記事が参考になれば幸いです。

□シーリングとコーキングの基本とは?違いも解説!

シーリングとコーキングはどちらも建物の目地に適用される材料で、主に防水や隙間の充填に使用されます。

しかし、これらは単に「同じ目的で使用される」という認識だけでは不十分です。
シーリングは主に建物の構造的なつなぎ目や隙間を密封するために用いられ、一方コーキングはより広い範囲の応用が可能で、耐候性や耐久性にも優れています。

1:シーリングの用途

シーリング材は、建物の構造体と構造体の接合部や、素材の伸縮に伴う隙間を埋めるのに適しています。
特に、建物の外壁や屋根、窓周りなど、外気にさらされる部分での使用が一般的です。

2:コーキングの多様性

コーキングは、シーリングよりも多種多様な場所で利用されます。
例えば、キッチンやバスルームのタイル目地、木材と木材の接合部、窓枠など、内装から外装まで幅広い用途があります。

3:材料の選択

シーリング材とコーキング材には、それぞれに適した材料があります。
例えば、アクリル系、ウレタン系、シリコーン系など、使用環境や求められる性能に応じて最適なものを選ぶことが大切です。

□シーリングとコーキングの呼び方の由来とは?

シーリングとコーキングは、言葉の意味からその用途を探れます。
「シーリング(sealing)」は「密封する」という意味があり、「コーキング(caulking)」は「隙間を埋める」という動作を指します。

これらの用語の使われ方は、地域や業界によっても異なりますが、一般的には建築分野ではこれらの言葉が同義語として使われることが多いです。

1:業界による呼び方の違い

建築業界ではシーリングとコーキングを同義として扱いますが、造船業界や自動車業界ではそれぞれの作業に応じた専門用語が使われることがあります。

2:言語における違い

英語圏では「sealing」が「封をすること」を、「caulking」が「すき間を埋めること」を意味します。
これらの言葉は、それぞれの動作や目的を的確に表しています。

3:商品名との関連

市場に出回るシーリング材やコーキング材の商品名には、この二つの言葉が使われることがありますが、それぞれの製品の用途や性能を正確に把握することが重要です。

□まとめ

シーリングとコーキングは似て非なるものであり、その違いを理解することは、建物のメンテナンスを適切に行う上で欠かせません。
本記事で解説した基本知識と、それぞれの用途や選び方のポイントを押さえることで、より効果的な建物保護とメンテナンスを実現できるでしょう。

人気記事

お問い合わせはお気軽に!
ご都合にあわせてお問い合わせ方法をお選びください。

メールの方はこちら
お問い合わせ
  • 無料イベントお申し込み
  • お問い合わせ・無料お見積もり
  • LINEアイコン
to top