安城市、刈谷市で外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ東刈谷店へお任せください!

スタッフブログ

外壁塗装雨ばかりの時は?後悔しないための注意点

外壁塗装を検討しているけど、雨ばかりで工期が延びるのが不安…。
そんな悩みをお持ちの方へ。
この記事では、雨天時の外壁塗装におけるデメリットや、悪徳業者に騙されないための対策、雨でも安心できる施工方法について解説していきます。

□雨ばかりのときに外壁塗装するとどうなる?

雨天時の外壁塗装は、塗料の乾燥不良による塗りムラや耐久性低下、工期の遅延など、さまざまなデメリットがあります。
これらの問題点を理解した上で、適切な対策を検討することが重要です。

1: 塗りムラや耐久性低下のリスク
雨の日に外壁塗装を行うと、塗料が雨水と混ざり合ってしまい、塗りムラが発生しやすくなります。
塗りムラは見た目の悪さだけでなく、塗料の性能低下にもつながり、耐久性が落ちてしまう原因となります。
また、雨水によって塗料が薄まってしまうため、本来の性能を発揮できず、早期に剥がれてしまう可能性もあります。

2: 工期の遅延
雨天時は塗料の乾燥が遅くなるため、重ね塗りができず、工期が延びてしまう可能性があります。
特に湿度が高い日は乾燥に時間がかかり、作業が思うように進まないことも。
さらに、雨が降ると作業を中断せざるを得ないため、工期がさらに遅延してしまうことも考えられます。

□雨でも安心できる外壁塗装の選び方

雨天時の外壁塗装では、適切な対策を講じることで、品質を維持し、工期短縮も可能になります。
信頼できる業者を選ぶことや、事前にしっかりと相談することが重要です。

1: 雨養生などの対策
雨養生とは、足場や外壁に雨水が侵入しないようにするための対策のことです。
雨養生を行うことで、雨天時でも塗料が雨水の影響を受けずに乾燥できるため、塗りムラや耐久性低下のリスクを軽減することができます。

2: 雨でもできる作業を優先的に進める
雨養生以外にも、雨天時でも可能な作業を優先的に進めることで、工期短縮を図ることができます。
例えば、高圧洗浄や足場組立などは雨天時でも問題なく行えます。

3: 経験豊富な業者を選ぶ
雨天時の外壁塗装に対応できる当社のような経験豊富な業者を選ぶことも重要です。
当社は、雨天時の作業に精通しており、適切な対策を講じることができるため、安心してお任せください。

□まとめ

雨天時の外壁塗装は、塗りムラや耐久性低下、工期の遅延などのリスクがあります。
しかし、雨養生などの対策を講じたり、経験豊富な業者を選ぶことで、これらのリスクを軽減することができます。
外壁塗装を検討する際は、雨天時の対策について業者としっかりと相談し、安心して任せられる業者を選びましょう。
外壁塗装の際はぜひ当社までご連絡ください。

人気記事

お問い合わせはお気軽に!
ご都合にあわせてお問い合わせ方法をお選びください。

メールの方はこちら
お問い合わせ
  • 無料イベントお申し込み
  • お問い合わせ・無料お見積もり
  • LINEアイコン
to top