安城市、刈谷市で外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ東刈谷店へお任せください!

スタッフブログ

外壁塗装の期間を左右する要因と効率的な計画方法

家の外壁塗装を計画中の方にとって、工事期間やプロセスを理解することは非常に重要です。
効率的で信頼できる塗装プロジェクトを進めるためには、明確な情報が必要不可欠です。
この記事では、外壁塗装の期間とプロセスについて具体的かつ詳細な情報を提供し、計画立案をサポートします。

□外壁塗装の標準的な期間とその工程

一般的な戸建て住宅30坪前後の2階建て住宅の場合、外壁塗装には7日から10日程度の期間が必要です。
各ステップにおける具体的な作業内容と日数は以下の通りです。

1:足場の設置と保護シート張り(半日~1日)

安全に作業を行うための足場を設置し、高圧洗浄の水や塗料の飛散を防ぐ保護シートを張ります。
悪天候でなければ、この作業は半日ほどで完了します。

2:高圧洗浄(半日~1日)

外壁に付着した苔・藻・カビ・サビなどを高圧洗浄で丁寧に洗い落とします。
塗料の剥がれを防ぎ、密着度を高めるために重要な工程です。

3:下地処理(1日~)

塗装仕上がりの良さを左右する重要な工程で、劣化の程度によって1日から2日以上かかります。
ひび割れの補修、サビの除去、パテ埋め、研磨などを行います。

4:塗装(2日~3日)

下塗り、中塗り、上塗りの順に塗装を行います。
各層の乾燥時間を確保しながら、丁寧に塗り重ねていきます。

5:付帯部塗装(1日~2日)

雨樋、窓枠、ベランダ、鉄部などの付帯部の塗装を行います。
本体の塗装とのバランスを考えながら、美しく仕上げます。

□外壁塗装期間に影響する要因

外壁塗装の期間は、いくつかの要因によって変動する可能性があります。
主な影響要因は以下の通りです。

*季節と天候

雨が多く湿気の高い季節は、塗料の乾燥に時間がかかるため工期が延びる傾向にあります。
冬は日照時間が短いため、夏と比べて1日の作業時間が短くなり、工期が1~2日長くなることもあります。

*外壁の状態

経年劣化が激しい場合、下地処理や補修に時間がかかるため、工期が長引く可能性があります。
建物の面積や形状、施工のしやすさなども工期に影響を与えます。

*塗料の乾燥時間

塗料の性能を十分に発揮させるには、適切な乾燥時間が必要です。
塗料メーカーが定める乾燥時間は、気温や湿度によって異なり、2時間から7日以内と幅があります。

□まとめ

外壁塗装は一般的に7日から10日程度の期間を要し、足場設置、高圧洗浄、下地処理、塗装、付帯部塗装の各工程を経て完了します。

ただし、季節や天候、外壁の状態、塗料の乾燥時間などの要因によって、工期が変動する可能性があります。
効率的で信頼できる塗装プロジェクトを実現するためには、これらの情報を踏まえた上で、適切な計画を立てることが重要です。

人気記事

お問い合わせはお気軽に!
ご都合にあわせてお問い合わせ方法をお選びください。

メールの方はこちら
お問い合わせ
  • 無料イベントお申し込み
  • お問い合わせ・無料お見積もり
  • LINEアイコン
to top