安城市、刈谷市で外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ東刈谷店へお任せください!

スタッフブログ

屋根塗装の適切な時期について解説します!

家のメンテナンスを重視する方にとって、屋根塗装は単なる外観の美化を超えた意味を持ちます。
効率的かつ効果的に屋根塗装を行うことは、住宅の耐久性を高め、長期的なメンテナンスコストを削減する上で重要です。
本記事では、屋根塗装の最適な時期とその根拠、季節ごとの塗装のコツについて掘り下げていきます。
この記事が家づくりの参考になれば幸いです。

□屋根塗装の最適なタイミングは?材質と経年で考える!

屋根塗装の適切な時期は、一概に「10年後」とは限りません。

屋根材の種類や紫外線、雨への露出度によって異なります。
例えば、トタンやスレートは新築でも7〜10年程度での塗り替えが必要ですが、セメント瓦やガルバリウム鋼板ではより長い期間を要します。
これらの差異を理解し、自宅の屋根材質に合わせた塗り替え計画を立てることが大切です。

年数にかかわらず、塗装が必要な状態は以下のようなときです。

・雨漏りがしている
・屋根にコケやカビ、汚れが付いている
・屋根材の色ムラ、色褪せが見られる
・屋根材が割れている

雨漏りの場合は屋根の葺き替え、屋根材が割れている場合は屋根材の交換など、屋根塗装では対応が難しいこともあります。

トタン、スレート、セメント瓦、ガルバリウム鋼板、粘土瓦など、主要な屋根材の耐用年数とそれに応じた塗り替え時期はそれぞれです。
他にも年数以外の要因として、紫外線や雨への露出度が原因として考えられます。

□時期ごとの屋根塗装ガイドラインを解説!

屋根塗装には、乾燥しやすく水分の少ない春と秋が最適です。

しかし、地域によっては夏や冬も適した時期となる場合があります。
例えば、北海道では夏が最適なシーズンとされています。
適切な時期を選ぶことで、塗装の品質を保ち、長持ちできます。

ポイントとしては、屋根塗装は、塗料が乾きやすい時期がベストです。
また、気温5℃以下、湿度が85%以上の気候は屋根塗装には向きません。

以上の点を踏まえると、おすすめな時期は春か秋になってきます。
気候の変化が少ないため、工事が滞りなく進みやすいのはメリットだといえるでしょう。
ただ、春や秋は繁忙期であり、すぐに対応してもらえない可能性が考えられます。
直前は、なかなか予約が取りずらいため、早めの予約をおすすめします。

□まとめ

屋根塗装は、ただの美観維持以上の価値があります。
材質や環境要因を考慮した適切なタイミングでの塗り替えと、季節や時間帯を選ぶことの重要性を理解し、効果的な屋根メンテナンスを実行しましょう。
これにより、住宅の価値を高め、快適な生活環境を維持することが可能となります。

人気記事

お問い合わせはお気軽に!
ご都合にあわせてお問い合わせ方法をお選びください。

メールの方はこちら
お問い合わせ
  • 無料イベントお申し込み
  • お問い合わせ・無料お見積もり
  • LINEアイコン
to top