安城市、刈谷市で外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ東刈谷店へお任せください!

スタッフブログ

家の外壁塗装をdiyでも行える?メリットとデメリットをご紹介!

外壁塗装をDIYで行うには、手順の理解と正確な実行が鍵です。
手作業に情熱を注ぐDIY愛好家にとって、自身の家の外壁塗装は新たな挑戦となります。
この記事では、洗浄から上塗りまでのステップや、DIY外壁塗装のメリットとデメリットを説明し、安心してプロジェクトを進めるためのガイドを提供します。

□家の外壁塗装DIYのステップバイステップガイド

1:洗浄

まず、外壁を高圧洗浄機やブラシで徹底的に洗浄します。
カビやコケは中性洗剤で取り除き、完全に乾燥させることが重要です。
この工程は、塗装の品質に直結するため、丁寧に行う必要があります。

2:養生

次に、塗装しない箇所をシートで覆い、塗料の飛散を防ぎます。
窓や植木、車など、塗料が付着してはいけない部分の養生は特に念入りに行いましょう。

3:下地処理

外壁のヒビや傷はコーキング材で補修します。
これにより、雨水の浸入を防ぎ、住宅の耐久性を向上させます。
充填後、サンドペーパーで表面を整えることがポイントです。

4:下塗り

外壁と塗料の密着を促進するために下塗りを行います。
この工程は、塗料の吸収を防ぎ、塗膜の均一性を保証します。
ローラーやハケを使用し、ムラなく塗装を施しましょう。

5:上塗り2回(中塗り・上塗り)

下塗りが乾燥したら、上塗りを2回行います。
これにより、耐久性が向上し、仕上がりの美観も保たれます。
2回目の塗装で塗り残しを防ぎ、美しい外観を実現します。

□DIY外壁塗装のメリットとデメリット

*DIY外壁塗装のメリット

1:費用の節約

DIYならば、会社に頼むよりも大幅なコスト削減が可能です。
必要な道具や材料は数万円程度で済みますが、安全を確保するための足場設置には別途費用が発生します。

2:カスタマイズの自由度

自分の好みに合わせて、色やデザインを自由に選べます。
これは、DIYの大きな魅力の一つです。

*DIY外壁塗装のデメリット

1:時間のかかり方

プロの作業に比べて時間がかかるため、計画的に進める必要があります。
特に初心者の場合、数ヶ月かかることも想定しておくべきです。

2:品質の問題

専門家の仕上がりと比べると、美しさや耐久性で劣ることがあります。
下地処理や塗料の希釈など、細部の知識と技術が求められます。

3:安全性のリスク

高所作業のため、転落や事故のリスクが伴います。
安全対策を徹底し、必要であれば専門会社に足場設置を依頼することが重要です。

□まとめ

DIYでの外壁塗装は、節約とカスタマイズの自由を享受できますが、時間、品質、安全性には特に注意が必要です。
これらの情報を参考に、DIY外壁塗装の実施を検討してください。
DIYでの外壁塗装が厳しいと感じた方は、ぜひお気軽に当社までご連絡ください。

人気記事

お問い合わせはお気軽に!
ご都合にあわせてお問い合わせ方法をお選びください。

メールの方はこちら
お問い合わせ
  • 無料イベントお申し込み
  • お問い合わせ・無料お見積もり
  • LINEアイコン
to top