安城市、刈谷市で外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ東刈谷店へお任せください!

スタッフブログ

外壁塗装を塗り替える際に必要な費用はどのくらい?

外壁塗装を考えている方の中には、外壁塗装の費用や工程に不安を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
この記事では、外壁塗装の塗り替えにかかる費用と、その節約術をご紹介します。
家を守る外壁塗装、その費用を抑える方法を知りましょう。

□外壁塗装を塗り替える際の費用内訳

30坪から60坪の家の外壁塗装費用にはどのような内訳があるのでしょうか。
まずは、足場の設置です。
外壁を囲むため、実際の外壁面積よりも大きな面積が必要となります。

例えば、30坪の家では132,800~199,200円が足場設置費用としてかかります。
この他にも、飛散防止ネット、養生、シーリング工事などがあり、それぞれに費用が発生します。

特に注目すべきは下地処理です。
外壁の状態によって費用が変わるため、事前に専門家と相談することが重要です。
各作業にはそれぞれ費用が異なり、外壁の状態によってはコストも変動するため、早めに専門会社に相談して、全体のコストを把握することが大切です。

□費用節約術をご紹介!

外壁塗装の費用を抑えるためには、いくつかの実用的なコツがあります。

1:助成金や補助金の活用

外壁塗装にかかる費用を抑える方法のうちの一つは、自治体が提供する助成金や補助金の活用です。
例えば、「省エネ住宅改修補助金」は、断熱性や遮熱性の高い塗料を使うことで、エネルギー効率の向上を目指すものです。
このような補助金は、塗装工事の費用を大幅に削減する可能性があります。

ただし、自治体によって支給条件や内容が異なるため、事前にしっかりと調査し、適切に申請することが必要です。

2:火災保険の活用

思いがけないコスト削減の方法として、火災保険の活用があります。
自然災害による外壁の損傷は、多くの火災保険で補償の対象となっています。
このため、天候や災害による損傷が原因で外壁塗装が必要になった場合、保険金の申請が可能です。
保険契約の詳細を確認し、適用条件を満たしているかどうかを把握しておくことが大切です。

3:閑散期に工事を依頼

外壁塗装の工事費用を抑えるには、会社が比較的空いている閑散期を狙うことも有効です。
繁忙期と比較して、閑散期は割引サービスを提供している会社も多いです。
例えば、夏や冬は塗装の依頼が少ないため、料金が下がる傾向にあります。

ただし、天候や季節による影響を考慮し、塗装の品質を維持できるかどうかも重要なポイントです。

□まとめ

外壁塗装を行う際、30坪から60坪の家の塗装にはさまざまな費用がかかります。
足場設置からシーリング工事まで、それぞれの項目を理解し、全体のコストを見積もることが大切です。
また、費用を抑えるには、補助金の活用、火災保険の活用、閑散期の工事依頼などが有効です。
これらのポイントを押さえ、外壁塗装を行いましょう。

人気記事

お問い合わせはお気軽に!
ご都合にあわせてお問い合わせ方法をお選びください。

メールの方はこちら
お問い合わせ
  • 無料イベントお申し込み
  • お問い合わせ・無料お見積もり
  • LINEアイコン
to top