安城市、刈谷市で外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ東刈谷店へお任せください!

スタッフブログ

外壁塗装塗り替え時期の見極め方と最適な塗装シーズン

住宅の外壁は、風雨や紫外線などの外的要因から建物を守る重要な役割を担っています。

しかし、時間の経過とともに外壁の塗膜は劣化し、その保護機能が低下していきます。
適切なタイミングで外壁塗装を行うことは、住宅の長期的な維持・管理において欠かせません。

本記事では、外壁塗装の適切な塗り替え時期と、最適な季節について詳しく解説します。

□外壁塗装の適切な塗り替え時期

外壁塗装の塗り替え時期は、主に塗料の耐用年数と外壁の劣化症状によって判断します。

*塗料の耐用年数を目安にする

外壁塗装に使用される塗料には、アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素など様々な種類があり、それぞれ耐用年数が異なります。
一般的に、アクリル塗料は3~8年、ウレタン塗料は5~10年、シリコン塗料は8~15年、フッ素塗料は12~20年の耐用年数を有しています。
前回の塗装から、使用した塗料の耐用年数が経過していれば、塗り替えを検討する時期と言えるでしょう。

*外壁の劣化症状をチェックする

塗料の耐用年数だけでなく、外壁の劣化症状も塗り替え時期を判断する上で重要な指標となります。
特に、日光や湿気の影響を受けやすい環境に建つ住宅では、塗膜の劣化が早まる傾向にあります。
外壁にチョーキング(白い粉が吹いている状態)やひび割れ、剥がれなどの症状が見られたら、塗り替えが必要なサインです。

*早めの塗り替えがトラブル防止につながる

外壁塗装の塗り替え時期を逃してしまうと、外壁の破損や雨漏りなどのトラブルを招く恐れがあります。
家の構造体まで傷んでしまった場合、外壁塗装以上に多額の修繕費用が発生する可能性もあるため、早めの塗り替えが賢明です。
定期的に外壁の状態をチェックし、塗料の耐用年数と劣化症状を総合的に判断して、最適な塗り替え時期を見極めましょう。

□最適な季節での外壁塗装

外壁塗装の仕上がりと耐久性を高めるためには、塗料の乾燥と硬化に適した気象条件が欠かせません。
季節ごとの特徴を理解し、最適なタイミングで外壁塗装を実施することが重要です。

1:春と秋が最も適している理由

外壁塗装に最も適しているのは、春(3~5月)と秋(9~11月)の季節です。
この時期は、気温が5度以上で湿度が85%未満と、塗料の乾燥と硬化に適した気象条件が安定して得られます。
また、雨や強風なども比較的少ないため、スムーズな施工が期待できます。

2:夏と冬の施工に伴うリスク

一方、夏と冬は外壁塗装に不向きな季節と言えます。
夏は気温が高く、塗料の乾燥が早すぎるため、塗膜に亀裂が入ったり、色むらが生じたりするリスクがあります。
冬は気温が低く、塗料の乾燥と硬化に時間がかかるため、施工期間が長引く傾向にあります。

また、結露やつららの影響で、塗装面の品質が低下する恐れもあります。

3:梅雨時期の施工におけるメリットとデメリット

梅雨時期(6月)は、一般的に外壁塗装の閑散期とされています。
この時期に施工を行うメリットとしては、業者の予約が取りやすく、比較的リーズナブルな価格で依頼できる点が挙げられます。

ただし、長雨によって工期が延びるデメリットもあるため、スケジュールに余裕を持つことが大切です。

また、適切な乾燥時間を確保できる信頼できる業者選びが、梅雨時期の施工における重要なポイントと言えるでしょう。

□まとめ

外壁塗装の適切な塗り替え時期は、塗料の耐用年数と外壁の劣化症状を目安に判断します。
早めの塗り替えを心がけることで、外壁の保護機能を長く維持し、住宅の損傷を未然に防げるでしょう。

また、外壁塗装を行う際は、春や秋の気象条件が安定した時期を選ぶのが理想的です。
梅雨時期の施工も、適切な業者選びと工程管理によって、メリットを活かすことが可能です。

住宅の状態と環境に合わせて、最適な外壁塗装の時期を見極めることが、住まいの長期的な維持・管理につながるのです。

人気記事

お問い合わせはお気軽に!
ご都合にあわせてお問い合わせ方法をお選びください。

メールの方はこちら
お問い合わせ
  • 無料イベントお申し込み
  • お問い合わせ・無料お見積もり
  • LINEアイコン
to top