安城市、刈谷市で外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ東刈谷店へお任せください!

スタッフブログ

築15年のあなたの家を外壁塗装で美しさと耐久性を保つ秘訣

家を長く快適に保つためには、定期的なメンテナンスが必要です。
特に外壁の状態は、家全体の印象や耐久性に大きく関わります。
築15年が経過した家の外壁は、劣化している可能性が高く、外壁塗装によるメンテナンスが必要かもしれません。

この記事では、築15年の家の外壁塗装に焦点を当て、劣化状況の見極め方と、費用対効果の高いメンテナンス方法について詳しく解説します。

□築15年の家に外壁塗装は必要?

家が築15年を迎えると、多くの住宅所有者が外壁の汚れや劣化に気づき始めます。
ここでは、築15年経過した家の外壁塗装の必要性や、外壁の一般的な劣化状況について解説します。

*外壁塗装の必要性

外壁塗装は、家の外観を保つだけでなく、資産価値を維持し、建物を外的要因から守る重要な役割を担っています。
具体的には、建物の保護と耐久性の向上、防水効果の向上、修繕の予防、コスト削減などが挙げられます。

*築15年経過の外壁の現状

家が築15年経過すると、外壁の色あせや変色、ひび割れや塗膜の剥がれ、カビやコケの発生、雨漏りや湿気の増加などの劣化状況が進んでいることが考えられます。
これらの劣化サインを見極めることが、適切なメンテナンスタイミングを見極める鍵となります。

□費用を抑えつつ外壁を守る方法

外壁のメンテナンスにはいくつかの方法がありますが、それぞれに独自のメリットとコストが存在します。

1:外壁塗装

外壁塗装は、住宅の外観を新しく保ちつつ、構造体を気象条件から守るためのもっともポピュラーな方法です。
一般的に、このメンテナンスの費用は約80万円から100万円とされており、工期は1週間から2週間です。
外壁塗装の効果は、使用される塗料の種類によっても大きく異なりますが、防水性や耐久性に優れた高品質な塗料を選ぶことで、より長期間にわたって保護できます。
また、塗料の価格が高い場合はその分コストが上昇しますが、長期的なメンテナンスコストを抑えられるため、初期投資としては高いものの、トータルで見れば経済的です。

2:外壁の重ね張り

外壁の重ね張りは、既存の外壁材の上に新しい外壁材を貼り付ける方法であり、この方法では主に軽量な金属製サイディングが用いられます。
このメンテナンス手法の費用相場は、約150万円から200万円で、工期は10日から2週間です。
重ね張りは、既存の外壁をそのまま利用するため、全面的な撤去という手間が省け、工事期間やコストを抑えられます。
加えて、新しい外壁材を追加することで、断熱性や耐久性が向上し、住まい全体の快適性が増します。

3:外壁の張り替え

外壁の張り替えは、既存の外壁材を完全に撤去し、新たに外壁材を施工する方法です。
この方法の費用相場は、約180万円から250万円となっており、工期は2週間から3週間です。
張り替えによるメンテナンスは、新しい外壁材を自由に選べる利点がありますが、全ての既存材を撤去するため、工事の規模が大きくなる傾向にあります。

しかし、この方法は外壁の劣化が進んでいる場合や、構造的な問題が見つかった場合に、根本的な改修が可能なため、建物自体の寿命を延ばす効果が期待できます。

□まとめ

築15年を迎えた家の外壁は、劣化が進んでいる可能性が高く、外壁塗装を始めとした適切なメンテナンスが求められます。
外壁のメンテナンス方法は複数ありますが、自宅の状況や予算に応じて、最適な方法を選択しましょう。
この記事が、築15年の家の外壁塗装の必要性や、費用対効果の高いメンテナンス方法について理解を深める一助となれば幸いです。

人気記事

お問い合わせはお気軽に!
ご都合にあわせてお問い合わせ方法をお選びください。

メールの方はこちら
お問い合わせ
  • 無料イベントお申し込み
  • お問い合わせ・無料お見積もり
  • LINEアイコン
to top