安城市、刈谷市で外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ東刈谷店へお任せください!

スタッフブログ

トタン外壁塗装について!必要な症状と手順をご紹介します!

前回の塗装から何年も経ち、塗り直しやなんらかの処理が必要だと感じている方は多いのではないでしょうか。
外壁塗装を検討している方にとって、塗装が必要な症状を理解することは重要です。
本記事では、トタン外壁塗装が必要とされる主な症状と、トタン外壁を塗装する流れをご紹介します。

□トタン外壁塗装が必要な症状3選

1.剥がれや浮き
外壁の塗膜が剥がれたり、浮いてきたりしている場合、トタン外壁塗装が必要となることがあります。
これは塗装の劣化や老朽化の兆候であり、防水や保護の機能が低下していることを示しています。

2.色褪せや変色
外壁の色が褪せてくすんだ印象を与えたり、色合いが変わっている場合、トタン外壁塗装が必要です。
色褪せや変色は、紫外線や気候条件の影響を受けた塗膜の劣化が原因となります。

3.さびや腐食
トタンはさびや腐食ができやすい素材です。
さびや腐食が見られる場合、塗装が必要です。
さびや腐食は、金属表面の劣化や錆の進行を示し、外壁の強度や耐久性が低下していることを意味します。

□トタン外壁を塗装する流れについて

1.検査と下地処理
外壁の状態を検査し、剥がれや浮き、さびなどの問題箇所を特定します。
その後、下地を処理します。
古い塗膜の剥がしやさびの処理など、壁の汚れを除去し、補修が必要な箇所を補修し、均一な下地を整えます。

2.防水処理
トタン外壁には防水性が求められます。
塗装前に、シーリングやコーキングによる隙間や継ぎ目の補修、防水塗料の施工などの防水処理を施します。

3.下塗り
外壁の下地に下塗りします。
下塗りは、塗料の密着性や耐久性を高めるための重要な工程です。
下塗りには専用のプライマーを使用し、適切な厚みで均一に塗布します。

4.中塗りと上塗り
下塗りが乾燥したら、中塗りと上塗りを行います。
中塗りは下地の均一化と塗膜の強度を高めるために施され、上塗りは外観を整えるための最終塗装です。
適切な乾燥時間を守りながら、複数回に分けて塗布します。

5.仕上げ
塗装が完了したら、外壁を適切な期間乾燥させます。
仕上げが完全に乾燥した後には、外壁の清掃や最終的なチェックをし、品質を確保します。

□まとめ

剥がれや浮き、色褪せや変色、錆びや腐食が見られた場合は、トタン外壁塗装を検討する必要があります。
また、トタン外壁塗装では、検査や下地処理、防水処理、下塗りから仕上げまでの手順があり、一般的な外壁塗装では行わないような作業の工程もあります。
本記事が、外観や耐久性をよりよくする外壁塗装の参考になれば幸いです。

人気記事

お問い合わせはお気軽に!
ご都合にあわせてお問い合わせ方法をお選びください。

メールの方はこちら
お問い合わせ
  • 無料イベントお申し込み
  • お問い合わせ・無料お見積もり
  • LINEアイコン
to top